スタッフブログ

山茶花在宅クリニック > スタッフブログ > バレンタインデーと鬼は外

バレンタインデーと鬼は外

2022年2月15日

カテゴリー - スタッフブログ

2022年1月も終わりました。次のお正月まで、残すところ10ヶ月半!!あーっという間ですからね♪

昨日はバレンタインデーでした。バレンタインと言えば、ホークスを退団となったバレンティンは、どうやらメキシコリーグ行きが決まったらしいです。かつて、ロッテにボビー・バレンタイン監督っていましたよね。確か昨年、アメリカのスタンフォード市長選に立候補して敗れたと記憶しています。

国生さゆりが、バレンタインデーキッス♪なんて歌っていたのは、何年前?調べたところ、1986年2月1日リリース。36年前でした。おニャン子クラブなんてのがトレンドな時期ありましたね。これが、モー娘とかAKBとかのきっかけになったんでしょ?違うのかなぁ・・・

若い時はバレンタインデーが楽しみなのでしょうが、オッサン達の殆どは苦痛でしかありません。いくつになっても欲しい方もいるのでしょうが、世のお父様方はホワイトデーでの倍返しで散財してしまうのです。義理なんて、「いりましぇーーーん」と、心の中で叫んでいるはず。私が以前に勤めていた職場では、義理チョコ禁止令も発布しました。

さて、「1月往ぬる、2月は逃げる、3月は去る」という言葉をご存じでしょうか?1月~3月は行事が多く、あっという間に過ぎてしまうことを調子よく言ったものだそうです。

今は2月。節分も終わりましたね。例年なら中国の春節により、多くの中国人が日本へ観光にやってくる時期でもありますが、一昨年~昨年とコロナ感染防止のために来日も少ないようです。オミクロンの感染拡大防止のためにも、しばらくは来日を自粛していただきたいいと個人的に思う次第です。

節分の日、子供たちが幼い頃は鬼の面をかぶり、豆を投げつけられ、「痛い、痛い」と逃げ回り、片付けも父親の仕事でした。そんな愛らしかった子供たちも、今や親より背が高くなり、体力も親を超え、話しかけても返事は「なん?」とか「わかっとぉ!」「あぁ」とそっけないお言葉。

自分もそうだったのかなぁ?…いやいや、僕はそんな子じゃありましぇんでした。でもでも、私の奥さんが私の母親から言われたそうです。「親子でおんなじ!!」…ショボン(-_-;)            井上

No Widget

ウィジットは設定されていません。